前へ
次へ

訪問ヘルパーに転職する時の注意点

訪問ヘルパーとして転職する時には、その内容にも気を付ける必要があります。
訪問ヘルパーには、食事や入浴などを手伝う身体看護と、調理や洗濯などを行う生活援助の仕事があります。
訪問介護に訪れたものの、介護の仕事よりも生活援助の仕事の方が多いという時もあるのです。
訪問ヘルパーとしての仕事は、多岐に渡るのです。
訪問ヘルパーとして転職をする時には、この2つの違いを理解してから行うようにしましょう。
訪問介護を必要としている人は様々です。
食事や入浴などで介助を必要としている人、また、介助は必要ないものの、買い物や掃除、また調理などが出来ずに困っている人などがいます。
訪問ヘルパーへの転職の時には、まずどのような仕事があるのかを調べてから決めることが大切です。
ですが、利用者のなかには生活援助以外の仕事を頼んでくる場合もあります。
そんな時には、無理に行うことはありません。
訪問ヘルパーのサービスの内容について、利用者にきちんと説明して理解してもらうようにすれば安心です。

Page Top