前へ
次へ

どこまでが訪問ヘルパーの仕事かをはっきりさせる

訪問ヘルパーの仕事は、入浴や排せつの介助から掃除、洗濯、それに食事のための食材の買い出しから調理まで、ともすればお手伝いさんに似た要素があるため、あれこれと頼まれがちです。
けれど、訪問ヘルパーが行うのは要介護者に対することのみですので、例えば同居する高齢の配偶者からちょっと物を取ってといった頼みをされても、訪問ヘルパーとして受け付けてはいけないと決められています。
ただ、どうしても家の中のことをやってくれる人という捉え方をしがちな高齢者は、訪問ヘルパーに定められた決まりを十分に理解せず、ちょっとくらいやってくれたらいいのにということになりがちです。
家を回って介護支援を行う訪問ヘルパーにとって、この境界線が明確にならないことが、家での介護のもっとも難しいところと言えます。
特に家事全般をこなす生活援助主体の訪問ヘルパーであれば、どこまでが介護でどこからがお手伝いの範囲になるかをわかりやすく説明する能力も必要です。

Page Top